プロフィール

レムリアの記憶


さとううさぶろうさん と ソムヨットさん と 一緒に
(2017年3月 横浜にて)
 

2018年から、うさと展コーディネーター
( うさとの服 展示販売会 主催者 )。

2013年に、うさとの服に 出会って以来、
うさとの服を 愛用しています。

4年間、「買う側」として、うさとの服に関わり、
とっても幸せな、うさと服生活 を送ってきました。

その体験から、今度は、「届ける側」としても、うさとの服に携わりたい、
みなさんが うさと服に 出会う お手伝いをしたい、と想い、
うさと展コーディネーターを させていただく ことになりました。

千葉県市川市在住で、
千葉県や東京都を中心に、うさと展を 開催していきます。

普段は、『集合人編集局』として、
サイト『 津留晃一の世界 』を運営し、

津留さんが遺してくれた、スピリチュアルなメッセージ を お伝えること、
津留さんが活用していた手法に もとづいて、個人セッション を すること、
その他、ワークショップや 交流会などを 行っています。

「潜在意識」と呼ばれる領域に しまいこんでいる、
未消化の感情や、価値観、(固定)観念、思い込み …
などを 手放すことの お手伝いを しています。
 


.

いたき ひでかず

   


「名人織り」や「綾織り」など、織りが細かく、手の込んだもの、
「絣(かすり)」など、緻密で手間の掛けられたもの、
色合い多彩で、美しい布のもの、が、大好きです。

ただ、最近は、反対に、
シンプルなものも、好きになってきました。

普段は、ムササビパンツを よく履きます。

天然素材を、手紡ぎ・草木染め・手織りで織り上げた、ナチュラルな布。
きっちりと手間と愛情を込められて、初めて出来上がる、布地。
携わる人、すべてが「アーティスト」であり、出来上がった服は、まさに芸術作品。
ときに、着ていると、それだけで気分が高まります。

それでありながら、そのナチュラルな素材とデザインゆえの、リラックスできる着心地。
日用品・普段着として着られる、デザイン・ラインナップと、価格帯。

日常を、「送るもの・こなすもの」から、「満たすもの・楽しむもの」へと、変えてくれる、
そのきっかけを与えてくれる、服 …

そんなうさと服が、大好きです。

みなさまが、うさとの服によって、より、満たされた、楽しい日常を送られる、
そのお手伝いがしたいと 思っています。
 
  ブログ「 迷悟

.