商品タグの変更点(2018年うさとミーティング −4)

前3稿のどこかで、触れよう思っていたのに、
読み返してみたら、抜けていたことに気づいたので、

ここで、稿を改めて、
お伝えします。

細かい、「些細」とも言えることですが、

うさとの服に関すること、
うさとの服をお求めくださる お客さまのみなさまにも関連すること、
なので、

ここで、シェア・報告させていただきますね。
 
 
今回の、うさと全体ミーティングの際に、
うさとジャパンのほうから、コーディネーターに対して、
いくつか、伝達事項のようなものがありました。

その中に、

うさとの服に付けられている、
商品タグに関する、変更点もありました。
 
 
このブログでも、
過去記事「 うさとのマーク 商品タグ 」で、
すでに、ちょこっと、触れていますが、

うさとの服には、
うさとのマークと、その服に関する情報が記された、
商品タグが、付けられています。
 


これです

そこには、

 ・型番
 ・サイズと生地色
 ・価格
 ・素材
 ・染め

が、記載されています。

みなさんも、
ご購入に際しては、ご覧になられて、

そこに書かれた、
「価格」、そして、「素材」や「染め」を、
ご参考になさっておいでだと思います。
 
 
で、
服をご購入くださったみなさまには、

その服と一緒に、
商品タグの、この部分を、お渡ししています。
 


 
そこに、「素材」が、
記載されていますが、

これまでは、
上の写真にもあるとおりに、

素材の使われている割合が、
パーセントで、
表記されています。

上のものであれば、

Hemp(ヘンプ)が50%、
Cotton(綿)が50%、
ですね 。

これが、今後、
パーセントの割合表示が無くなり、

先ほどのものであれば、

 「 Hemp
   Cotton 」

とだけ、表記されるそうです。
 
 
二種の素材が使われたもの、
例えば、「ヘンプコットン」であれば、

 縦糸にヘンプ
 横糸にコットン

というように、

縦糸と横糸で、
素材が違う(組み合わされている)ケースがほとんどなので、

ほとんどのものについては、
「50%、50%」だ、
という点。

あるいは、
そうではない場合にも、

では、それぞれが何パーセントずつなのか、
は、厳密に測れない(測るのが困難な)点。
 
そんなことから、
今後は、
このような表記となるそうです。
 
 
僕が持っている服の中には、
「50% – 50%」でないものも、あります。

例えば、この生地などは、

 ” Hemp80% Cotton20% ”

でした。
 


 
ヘンプの名人織りは、
こう表記されていたものが多かったと、記憶しています。

僕の場合は、
うさと服「オタク」のようなものなので ^^; 、

このように細かく記載してくださっていることが、
嬉しかったですが
(そして、だからこそ、記憶してもいるわけですが ^^; )、

でも、
「それが、どこまで正確か」、というと、
確かに、難しいところもあるでしょうし、

それを把握・認識しながら織ることが、
織り手さんの負担になるようだったら、
と、思うところもありますので、

個人的には、
今回の変更を、ある種、当然と、受け止めています。
 
 
それから、
もう一点。

これまで、
「価格」に関しては、

「商品価格」と、
それに対する「税額」が、
別々に、記載されていました。
 


こんな感じですね


 
 
それが、今後は、
「『税抜き価格』+TAX
というように記載され、

税額の金額は表記しないそうです。
 


見辛くてすみませんが、こんな感じです


 
 今後の税率の変更が見込まれること
 さらなる税率の変更があった場合にも、対応可能なこと

から、
このような表記になるとのことでした。
 
 
お客さまにおかれましては、
ご不便をおかけすることになるかもしれませんが、

以上、どうぞよろしくお願いします。
 
 
なお、それらの変更の時期については、
すみません、聞きそびれてしまいました。

確か、
「今後、随時」
ということだったと、思います。

どうぞ宜しくお願いします。