お手入れ 「初回」編

さて、
前回、ようやく、
うさと服の お手入れ 」について、書けました ^^ 。

ただ、
前回お伝えしたのは、「普段の お手入れ」についてで、

さらにお伝えすべきことが、
まだ、あります。

今回は、そのひとつ、
「初回のお手入れ」について、です。
 
 
この話も、
うさとの服をお持ちの方なら、すでにお聞きだと思いますが、

うさとの服をご購入されて、
そして、はじめて、お洗濯をされるとき。

そのときは、
「色落ち止め」をなさってください。
 
 
コットン素材や、
ヘンプ素材のものであれば、

水を貼ったタライに、
塩(天然塩)をひとつまみ入れ、溶かし、

そこで、押し洗いをなさってください。

それで、「色落ち止め」の効果があるそうです。
 
 
また、
このとき、同時に、

米糊も(ある程度)とれて、
柔らかくなり、より身体に馴染みやすくなると思います。
 
 
その後、
改めて、(軽く)すすいでいただいて、
後は、陰干し ・・・

のプロセスで、OKです。
 
 
また、これは、
初回の洗濯のときだけで、大丈夫です。

その後の洗濯・お手入れの際には、
なさらなくて結構です。
 
 
また、
色落ちをとても気になさる方は、

購入されたら、すぐ、
初めて着る、その前に、
まず、「色落ち止め」をなさるといいかもしれません。
 
 
以上が、
(うさと関連で)一般的に言われている、
「初回のお手入れ」「色落ち止め」についてです。

ご参考になさってください。
 
 
ところで、
これは、僕個人的なものなのですが、

僕は、最近は、
塩による色落ち止めは、とくには、していません。

一度、何処かの展示会で、
 「そんなに気にしなくても、大丈夫だと思いますよぉ ^^ 」
と、言われた記憶があるからで、

それに、
まあ、物によっては、ですが、
色落ちが、その具合が、
かえって「味」になるケースも、ありますので、

それほど、気にしないようにしています。
 
 
と言いながら、
でも、やはり、
 「これは、この濃い色のままであってほしい!」
というような服であれば、

それに関しては、
やっています ^^; 。

まぁ、そのような感じで、
あまり、過剰に、神経質にならずに、
楽なスタンスで、臨機応変、していただければなぁと、思います。
 
 
あと、
「初回のお手入れ」「色落ち止め」に関して言えば、

先の、
「塩」による色落ち止めが、
「コットン」「ヘンプ」についてだったのですが、

では、「シルク」については …

これは、
「お酢」が良いらしいです。
 
 
シルク製品に関するお手入れに関しては、
割に広く、お酢が効果があると、言われていると思いますが、

「初回のお手入れ」「色落ち止め」に関しても、
お酢が良いと、聞きました。

タライに貼った水に、
小さじ1杯とか、薄めの分量を入れて、
そこで、やさしく、やさしく、押し洗い …

これで、色落ち止め効果があるようです。
 
 
先輩コーディネーターの、 曽根田さん から、
 「(大先輩コーディネーター、石川)美保さんから、聞いた」
と、教えていただき、

その後、機会があったときに、
美保さんに、直接お聞きして、確認しました。

「20年もの」(!)とかの、うさとのシルクを、
それは美し〜く、着ていらっしゃる、
美保さんから、お聞きした情報ですので、

みなさんにも、シェアさせていただきます。
 
 
以上、ご参考になさってください。


.