もう一つのシール

 
うさとの服の、表正面に、
不思議なマークの書かれた、白いシールが貼られていることは、
すでに、話題にしました

(過去記事「 「久」「△」「b」? 」)。

そして、それらが、
「服のサイズ」を 示していることを、
お伝えしました。
 
 
さて、
シールと言えば、

うさとの服には、
実は、もう一つ、
シールが付けられていることを、ご存知ですか?

こんなやつですね。
 

 
上のほうは、
僕の「 ヘンプのリバーシブルコート 」に付いていたもので、

こちらは、
シールが 貼られた上から、
さらに 縫い付けられて、留められています。

そして、下のものは、
機械織りの セットアップに、付いていたシールです。
 
 
さて、
この、内側につけられたシールの存在は、

うさとの服を お持ちだったり、
試着をされたことが おありならば、

その存在は、
ご存知かと思いますが、

では、
あれは、何を意味しているのか、
は、ご存知ですか?
 
 
実は、あれ、
「縫製した人」を、表しているそうです

(と同時に、
 表と同様、サイズも書かれていますね)。

書かれている 記号は、
イニシャルだったり、
サインだったり、
するんですかね?

そこのところは、
僕は、よく分からないのですが、

ともかく、
「誰が縫製を行ったか」が、
あれで、分かるのだそうです。
 
 
このサイトの、トップページ にも、
書いているのですが、

うさとでは、
縫製を、

タイ・チェンマイの工場に委託して、
行ってもらっているのですが、

そこでは、
いわゆる「分業制」を採らずに、

一着の服を、一人の人に、
最初から最後まで、縫製していただいています。

また、
ノルマや、期限などを、一切設けず、
縫い手のみなさんの 自主性を尊重しています。

それは、
縫い手の みなさんを、

「工程の一部」として 認識するのではなく、
「アーティスト」さんとして、認識しているからだそうです。
 
 
なので、
あのシールは、

縫い手の方にとっては、
 「『自分の作品』に、サインをしている」
そんな感じなのかもしれませんね。
 
 
こんなところにも、
 「うさと らしさ」
 「うさとの、服に対する、人に対する、想い」
を、
感じさせられます。


.