行ってきました! 2018年うさとミーティング

2018年7月31日。

京都で、
「うさと全体ミーティング」が開かれ、

僕も、参加してきました。
 
 
これは、
うさとジャパンのスタッフのみなさんと、
全国のうさとコーディネーターのみなさんが、
一同に会し、

うさとに関する、報告事項・連絡事項などの伝達、
および、懇親を行う、会合でした。

聞くところによると、
これまでの、ミーティングでは、

うさとが直面している問題・課題についてや、
今後の方向性などについて、
スタッフおよびコーディネーターが、真剣に議論を行う、

とても真面目で厳かな、会議・会合の場、
であったようです。
 
 
ですが、
昨年のミーティングあたりからは、

うさとスタッフとコーディネーターの間の、
および、コーディネーター同士の間での、
交流・親睦を深める、
より「懇親会」的な感じが強くなったらしいように、
お聞きしています。

また、今回について言えば、
初めて参加させてもらった立場の、僕の印象では、

まるで「慰労会」とすら言えるような感じの、
とても和やかで、穏やかな、楽しい会合でした。

なりたての、新人コーディネーターとしては、
このような場に参加させてもらえて、
とてもラッキーで、ありがたいなぁ、
と、感じました。
 
 
また、
うさぶろうさんも、お見えになられていて、

少しお話しできる時間もいただけて、
楽しく、嬉しかったです。
 


 
僕は、普段、千葉・関東に居て、
イベントでお目にかかることを含めて、
うさぶろうさんにお会いする機会は、
年に数度、おかげさまで、ありますが、

また、最近は、
うさぶろうさんが、これまでに輪をかけて、
さらに積極的に、全国を回られておいでのようなので、
うさぶろうさんにお会いできる機会は、
どの場所にお住いの方でも、なくはないのかもしれませんが、

でも、このような機会に、
確実に、うさぶろうさんにお目にかかって、
ご挨拶ができ、会話ができ、
場合によっては、質問などができることは、

コーディネーターにとっては、
とてもありがたく、素晴らしいことだと、
このミーティングの意義を、強く、感じました。
 
 
それにしても、
うさぶろうさん、

今年、70歳(!)になられるそうですが、
いつもながらに、お元気で、パワフルで、

そして、これまたいつもながらに、
笑みを絶やさず、みなさんに柔らかく接してらっしゃって、

僕の語彙力だと、ありきたりの言葉でしか表現できないのですが、
とても感銘を受けました。
 
 
また、会場には、
「コーディネーターである妻の付き添いで」と、おっしゃっていましたが、
KNOBさんが、いらしていまいした。

そして、午後からの懇親会では、
いつもながらの、素晴らしい演奏を披露してくださいました。
 


 
今回は、KNOBさんとお話しする時間が、
これまでより、少し長く取れましたので、
その時の様子・内容は、また稿を改めて。
 
 
さて、会場は、
京都ならでは(!)の場所の中の、
非常に贅沢な空間に存在する、
ある、とても豪勢な建物でした。
 


 
「美」という感覚を強く刺激され、
かつ、心落ち着かされる、
洋風ながら、しかしとても京都らしい、
素晴らしい会場でした。
 


 
 
その中で、
午前中は、

事務的な内容や、うさとの生産現場からの近況など、
うさと(の服)に関する情報を、伝えていただきました。

その中の、
うさと服に関する情報の、一部については、

次稿で、
みなさんに、シェアさせていただきます。
 
 
人数としては、
コーディネーターさん90名近くと、スタッフの方、
合わせて100名強、お見えでした。
 


 
うさと関係者ばかりが、
これだけの人数、集まると、
また、日本各地からお見えですから、

分かりきっていたことですが、
とても独特で、とっても「濃かった」です! ^^

例えば、” Februarian FESTA ” や、
例えば、「 よあけて であえて 」などのイベントでも、

同じような人数の、
同じように、コアな、うさとファンの方々と触れ合うわけですが、

しかし、それとはやはり、「何か」違う、
独特の雰囲気を、今回、初めて、体験しました。

いやぁ〜、
面白かったです! ^^

また、
その中に、自分もその一員として、参加することができて、

僕としては、
とても感慨深いものがありました。
 
 
また、
それと同時に、

今の、この、
「うさと展コーディネーター」という立場に対して、

改めての喜びと、嬉しさと、楽しさと、
と同時に、責任感みたいなものも、
感じることができました。

今回教えていただいた事事を胸に、
改めて、楽しんで、一層気を引き締めて、
うさと展を開催していこうと思いました。
 
 
僕にとって、今回、
一番、意義深かったことは、

名前だけ知っていた、
各地の、先輩コーディネーターの方々と、
初めてお会いし、ご挨拶ができたことでした。

もちろん、
うさぶろうさんや、うさとスタッフの方々もそうですが、

でも、
先輩コーディネーター方のご活動があって、
現在のうさとがあり、

そして、そこに、このタイミングで、
入らせていただけたのですから、

そのみなさま方に、お会いできたことは、
とてもありがたかったなぁ、と、
今、家に帰って来てみて、改めて、感じているところです。