3回目のうさと展、終わりました ^^

2018年7月5日から8日の、4日間に渡って開催しました、
私たちにとって、3回目の「主催『うさと展』」。

おかげさまで、無事に、
終えることができました。

お越し下さったみなさま、
ありがとうございました。
 
 
前2回は、
「共催コーディネーター」さんのサポートありきで、
ある意味においては、名ばかりの「主催」でしたので、

今回が、私たちにとって、はじめての、
私たちだけでの、うさと展でした。

正直、不安もありましたが、
なんとか、無事に、終えることができ、
ホッとしている、嬉しく思っている、とともに、

前2回は、
どれだけ、共催コーディネーターさんに助けていただいていたのか、
強く実感することとなりました。

すなべさん、そして 曽根田さん
本当にありがとうございました。

今後は、少しでもお二人に近づけるように、
精進していこうと、

お二人の展示会のように、
素敵で楽しいうさと展を開催できるように努めようと、

そう、改めて、想いました。
 
 
さて、今回のうさと展。

まず、このように、
私たち二人だけでの開催でしたので、

お客さまからの、うさと服に対するご質問などに、
やはり、まだまだ、ちゃんとご返答できないことなどかあることに、
気づかされる場面が、何度か、ありましたし、

また、コーディネートのご提案や、ご希望に近い服のご案内など、
そういった点に、至らない点があると、何度も、感じさせられました。

うさとの服について、もっと、学んでいくとともに、
私たち自身が、
もっともっと楽しんで、うさと服を着ていこうと、思いました。
 
 
そのこととも、関連しているのですが、
今回の開催で、とても良かったこと …

それは、
お客さまがいらっしゃらない時間帯に、
私たちが、いっぱいいっぱい、試着ができたこと!

いっぱいいっぱい、服を見て、服に触れることができたこと!

比較的多く、私たち二人だけの時間がありましたので、
その機会に、今回来てくれた うさと服たちを、
たっぷりと、試着できました ^^
 
 
そのおかげで、
一つには、

うさと服の、デザインの素晴らしさ、縫製の素晴らしさ、
それらを、改めて、しっかりと、体感し、納得することができました。

お届けする立場として、販売する立場として、
改めて、その部分に、自信を持つことができました。

やっぱり、
美しいデザインのもの、可愛いもの、綺麗なもの、
そういったデザインのものが、とても多いし、

ちょっとしたところの、
ちょっとしたデザイン的配慮が、

それをサポートし、実現している、
縫製の素晴らしさが、

着たときの美しさ・可愛さに、
多大な影響を及ぼしているところが、
着たときの心地よさ・自然さ・違和感のなさに、
多大な影響を及ぼしていることが、
見てとれ、感じ取ることができました。
 
 
また、
もう一つには、

うさと服は、やはり、着てみないと分からないということ、
サイズに関しても、着心地に関しても、
そして、何が着られて、何が似合うのか、ということに関しても、
やはり、実際に着て確認してみないと分からないということ、
このことを、再実感できました。

今回、僕は、
男性ものに関しては、全ての服を、試着しました。

デザインによって、素材によって、
着た感じ、サイズ感などが、
やはり、大きく違うことを、もう一度、確認できました。
 
 
また、今回は、
実は、女性ものに関しても、
僕は、相当数、試着させてもらっちゃいました … ^^;

いやぁ〜、まず、
多くの女性の方々が、

うさとの服に、うさぶろうさんデザインの服に、
魅了されてしまう理由の一端が、分かった気がしました。

可愛らしさや美しさと、着心地の良さが、
このように高いところで両立しているのだと、
はっきりと体感できました。

これは、
普段、男性ものだけを着ていて、
うさと展でも、男性ものだけしか試着しない僕にとっては、
初めて、理解できた、知ることができたことでした。

分かりきっていたことですが、
やはり、うさぶろうさん、すごいですね!

いやぁ〜、すごい!
 
 
そんな、
うさと服の良さ、素晴らしさを、
改めて、あるいは新たに、
体感・納得することができた、

私たちにとって、ありがたく素晴らしい、
うさと展開催となりました。
 
 
さて、改めまして ^^ 、
今回お越しくださったみなさま、ご購入くださったみなさま、
ありがとうございました。

そして、
素敵なうさと服との出会い、おめでとうございます。

どうぞ、すてきな「うさとライフ」を、ご満喫ください。