うさと服との出会い2

はじめて、うさと服を目にして、
はじめて、うさと服を着ている様子を目にして
(前記事 「 うさと服との出会い1 」)、

以来、
うさと服への興味が、湧き、
そして、それが、
着実に、高まっていっていました。

特に、ネットで情報を集めるに従い、
「(リネンなどではない)麻:ヘンプ の服」に、
興味が湧いていました。

 
そんな折、
ちょうど良い場所・タイミングで、
うさと展が開かれることを知りました。

夏休みの家族旅行として、
以前から、計画していた、八ヶ岳で、
その旅行期間中に、
うさと展が開かれるとのことでした。

「ストゥーディオ オムファロス」石川さん主催の、
八ヶ岳自然文化園での、うさと展です。

 
当日は、曇り空で、霧雨が降る天候の中、
でも、興味津々・興奮気味の心中は、快晴で、
意気揚々と、会場に入りました。

初めて目にする、多数のうさと服が展示された様子。
サイズも、男服・女服も分からず、
来場者も多くて、少し、圧倒される感じ ...

でも、それが、逆に、
しっかりと、自分の世界に入り込めるきっかけになり、

妻と交代で、子どもたちの面倒を見ながら、
結果、思い思いに、たっぷりと、
うさと服との初接触を、満喫することができました。

 
そのときは、まだ、
うさとの服の、良さ・素晴らしさ・特徴などが、
分かっていませんでしたので、

まだまだ、混乱状態・認識不足の状態にあって、
気になった服は、2枚だけでした。

茶色の、ムササビパンツと、
ベージュの、半袖シャツ。

偶然にも、どちらも、ヘンプ100%でした。

 
まず、とにかく、
茶色の、ムササビパンツが、気に入りました。

色の違う、濃淡それぞれの糸が織り込まれた、
柄の美しい、ムササビ。

うさと らしい、そのデザイン。
泰平さんも、履いていましたね。

何度か、試着して、脱いで、を繰り返し、
サイズも、ピッタリであることが、分かりました。

エゴが欲しがっていることが、分かります。

 
一方、ベージュの、半袖シャツは、
地味目な、抑え目な、色合いに、柄。
デザインも、抑え目です。

手にとっても見ても、
その会場で、唯一、素敵に感じた上着でしたが、
エゴは、それほどまでには、惹き付けられてはいませんでした。

 
ところが。

はじめて、その服を、かぶり、袖を通す瞬間。

 スッ ...

なにか、それ以外の服では、感じることの無い、
特別な感覚を、感じました。

ほんの一瞬、
すべてが静止したというか、
すべてが静止している状況に入り込んだというか、
あえて表現すると、そんな感覚を感じた気がしました。

普段は、別段、繊細だったり、敏感だったりするたちではないので、
そんな感覚を感じたことを、不思議に思い、意識しました。

とはいえ、エゴは、それほど惹かれてはいません。
欲してはいません。

そのときには、スルーする気でいました。

 
はじめての、うさと展で、
これから、うさとの服を、どれだけ着ていくことになるのか、
まったく、見当もつきませんでしたし、

買ったところで、どのように着こなすか、
どのように、コーディネートするか、
アイデアも、ありませんでしたので、

購入するかどうか、
じっくり、検討しました。

 
結果、
ムササビパンツは、買うことに決めました。

これ一枚だけで、上には何を着たとしても、
うさとを、ヘンプを、満喫できると、判断しました。

でも、
半袖シャツは、買わないことにしました。

色合い、柄、デザイン、
どれをとっても、特別な感じがしませんでした。
エゴが、さほど欲していませんでした。

 
そうであるなら、お別れに、と、
最後に、もう一度、試着で袖を通してみると、

ふたたび、あの、
 スッ ...
を、感じたのでした。

とっても、不思議な体験でした。

でも、
でも、だからといって、
それゆえに、その服を買うことには、しませんでした。

強情ですね、僕も ^^ 。
着こなす自信が無かったことも、理由としてあります。

着こなせなければ、あまり着なければ、
かえって服に申し訳ない、というような想いも、ありました。

 
ムササビパンツは、買うことにして、
お会計を済ませ、会場の建物を後にしました。

めでたく、
初めてのうさと服を、手に入れることができました。

その感慨を胸に、
ムササビパンツを胸に抱き、
車に向かいました。

外は、小雨が、舞っていました。
小走りに、車へ急ぎ、
トランクを開けて、ムササビを入れました。

そこで、突然、
半袖シャツのことが、猛烈に、気になりはじめました。

このまま立ち去ることが、
なにか、耐え忍びない気持ちになりました。

妻にお願いをして、待っていてもらい、
もう一度、会場に戻ることにしました。

 
シャツは、そこにありました。

もう一度、試着させてもらいました。

もう一度、やはり、「スッ ...」とした感覚を、感じました。

そのときには、その感覚が、

 「私を、着てごらん」
 
と、許可してくれている、認めてくれている、
そんな感覚であるように、認識できました。

その服に、誘(いざな)われていると、思いました。

来ていただくことに、決めました ...

 
それ以来、
その半袖シャツは、
最も着ることになる、最も重宝する、最も信頼できる、
相棒となってくれました。

仕事でも、プライベートでも、
暑い季節には、いつでも、僕を包んでくれています。

その後、北海道にも、九州にも、
セドナにも、シャスタにも、ハワイ島にも、
ともに、旅をしてくれました。

エゴの欲望でもなく、理性でもなく、
「感覚」で購入した、唯一特別の、服になりました。

 

Follow me!